スマートフォンサイトをお手軽な値段で作成!
Googleが非SSL化サイトへの警告を強化!

 

Googleが提供しているWebブラウザ「Google Chrome」の2018年7月以降の最新バージョンにおいて、すべてのSSL化されていないサイトで、「保護されていない通信」と警告表示を行うと発表しました。そして、8月中旬より実施されてます!

 

SSL化されていない場合、Webサイトの改ざんや個人情報を悪用される可能性が高まるほか、警告を見たユーザーの不信感にも繋がります。
また、検索の順位にも影響がでると言うことも言われています。 

 

この警告を出さないためにも、すべてのページを「常時SSL化」する対策が早急に必要となっています。

 
オフィス・プレストでは、「常時SSL化」に対応しております。

興味、関心のある法人様、お気軽にお問合わせください!!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.